ところかわれば、・・・

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 22:25

中身が同じでも、パッケージやネーミングが違うと全く別物と感じる場合があります。
依然ある商品の売り上げが落ちてきたので、中身は同じでもパッケージを少し変えて商品名に「NEW」とつけたら爆発的に売れた

という話しは有名です。

外国だと同じ商品がその国の文字で書かれていて、何か違う商品化のように感じますが中身は全く同じものが多いです。

           

北京のスーパーで買ったウーロン茶とメントス

 

この商品は、日本では炭酸が入っていますが、こちらは炭酸が入っていません。

同じ商品でも販売する地域により、炭酸を入れた方が売れる、入れない方が売れるという事があるのでしょう。

ただ、できているものや、そこにあるものをそのまま販売して、すぐに売れればよいのですが、どんなケースでもどうすればよく売れるのかを常に考える必要があります。

商品を差別化することは商品に付加価値を付けることです。それと同じに販売方法に差別化をすることは販売に付加価値を付ける、逆にいえば買主が満足する、納得する売り方をするということです。

 

 

 

 

慕田峪長城

  • 2017.08.14 Monday
  • 23:54

万里の長城のひとつ慕田峪長城

普段は観光客が少ないと聞いていましたが、ものすごい人

 

          

春に行った金山嶺とは雰囲気や様子も違いますが、「万里の長城」すごいですね。遙か彼方まで続く、擁壁。こんなものを造ってしまう権力のすごさと、この壁を造らなければならない必要性。

日本は島国で、海という自然要塞に守られていますが、陸続きの国においては何時敵が攻めてくるか分からない。

その防御に対する考え方は、日本人が考えている以上に重要なものなのです。

 

いまミサイルが打ち上げられて右往左往したいる様な状態ですが、それでもまだどこかに他人事のように思ってしまう国民と、敵が攻めてきたら皆殺しにされるかもしれない恐怖のDNAを持つ国民との差はこの壁をみてあらためて感じました。

 

長城は山の嶺に造られているため、山登りで行く方法もありますが、体力に自信が無いのでロープウェイで上りました。

たまたま乗ったゴンドラが、2014年にオバマ大統領夫人が乗ったものでした。

 

 

天津

  • 2017.08.13 Sunday
  • 23:28

北京南駅より新幹線で天津へ

  

写真ではわかりにくいのですが、ものすごい大きさ。写真は電車の待ち合わせ場所とチケットとホーム。

駅に入るにも、チケットを買うにも、改札を通のにも全てパスホートを提示しなければなりません。

新幹線で天津まで約30分。ほぼ線路は直線。なので走るスピードも速い。あっという間にという感じで天津に着きました。

天津は海側の町なので、外国との関わりも多く、日本も含め多くの租界があったので独特と文化を形成してきたような感じです。

 

このようなオールドチャイナの町もあれば、租界地は

欧米の町並みも

横道はこんな感じ

 

夜景はこんな感じでした。天津で有名な中華まんを食べ、うろちょろしていたときに見つけたのが

 

不動産会社の店舗 張り紙だらけで、お店の中が見えない。どこか懐かしい店作りですね・

 

 

北京2日目

  • 2017.08.12 Saturday
  • 23:51

北京 北西部 中心部より来るまで約2時間半に位置する「爨底下村」へ

明の時代建物が残る村の見学をしてきました。徐々に観光化しているそうですが、村民はいまもそこで生活していて、その状態で建物が見れるむらです。

文字の通り山間の谷間に位置する村で、山には外敵に備えた砦が有り、それにより出来た村らしいです。

谷間の傾斜地にある村で、村の一番高い場所にこの村の財主が住んでいたとのことです。財主の家には床暖房がありました。すごいですね。明の時代に床暖です。床下の穴に薪をくべて暖をとるという単純な仕掛けです。石積み、煉瓦積みの家と日本の木造文化の違いによる発想なのでしょう。

また、日本で言う鰹木みたいなものが門についています。この本数の多さが、地位の高さを表すようでです。

財主の家の門には2本ありました。皇帝・西太后の避暑地である頤和園は4本です。

建物というものは、その国の文化をよく表しています。気候や風土により作り方や構造が違うと言われますが、気候や風土が違うからこそ、その地域に根付く文化が変わるのでしょう。

今日も雨が降っていたので、山にふった雨が谷である村に集まってきて写真のように状態に。

この写真は、川ではありません。村のメインストリートです。また、昔のままの生活が残る村です。はじめて「ニーハォトイレ」を経験しました。

いろいろな場所へ行くことは、大変ですがすごくおもしろいです。このおもしろさを何かに転化出来たらいいなと思う観光でした。

 

 

北京1日目に感じたこと

  • 2017.08.11 Friday
  • 23:41

北京へ来ています。本日小雨のち曇り 夜は雷雨

蒸し暑いです。

今日は故宮 紫禁城を見学しました。皇帝の力がうかがえるお城です。なぜ南京から北京へ都が移ったのか。南京のお城とは違う構造になっているのか、ガイドの方に説明をしてもらったことで、気候はすごく蒸し暑く不快でしたが、楽しく故宮が見学できました。

 

本を読んで調べて知識をえたり、その知識をもとにものを見たりしてもなかなか理解できない、腑に落ちないことがあります。

でも、プロの方に説明していただくと今まで理解できなかったことが簡単に理解できたり、腑に落ちること<結構多いと思いませんか。

故宮の歴史や背景、建物の構造や配置があまり理解できないとしても我々にとって大きな不利益にはなりませんが、

不動産の売却や購入、不動産の相続においてはしっかりと理解し納得していないと、間違った行動により大きな損害を被る可能性があります。

 

大事なことは、その道のプロに聞くのが一番です。

信頼出来るプロを普段から探しておくことは必要なことですね。

ぜひ、ご相談を。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM